蕁麻疹(じんましん)の原因を突きとめよう!〜症状/ストレス/アレルギーを断つ!Top >  蕁麻疹(じんましん)の症状 >  蕁麻疹(じんましん)の症状−蕁麻疹の合併症(血管神経性浮腫)

蕁麻疹(じんましん)の症状−蕁麻疹の合併症(血管神経性浮腫)

蕁麻疹(じんましん)が元で発症する合併症にはいくつかありますが、今回は血管神経性浮腫(けっかんしんけいふしゅ)を解説いたします。

血管神経性浮腫はクインケ浮腫ともいわれています。症状は、皮下組織、皮膚の真皮深層、粘膜下組織にむくみ(浮腫み)が生じます。蕁麻疹(じんましん)と併せて発症することが多いと言われています。血管神経性浮腫は高い頻度で発生する症状で、蕁麻疹(じんましん)に悩む人のの5割近くにみられるそうです。年齢は男女共に三十〜四十代に多く、気道に発症した場合、呼吸困難から生命に危険を及ぼす可能性もあります。血管神経性浮腫の主なる発症部位は、瞼(まぶた)や唇に、数センチの直径のむくみ(浮腫み)が突如現れます。数時間〜3日程でむくみ(浮腫み)は消えますが、血管神経性浮腫は繰り返し再発します。通常、痒みや痛みは無く、表面には張りがあって、押しても引っ込まないで、出現数は1回に数個です。むくみ(浮腫み)の出現する部位は、瞼や唇だけでなく、胃や喉の粘膜がむくむ(浮腫む)こともあります。

胃に発症すると、腹痛・嘔吐・下痢として現れます。喉・気道の場合、呼吸困難を起こすこともあり危険です。原因は、完全に究明されていないのが現状。血管神経の異常が原因と言う説が有力です。
治療法には、自律神経を調整する治療を行う変調療法という治療法があり、これは自律神経の働きが関与している場合です。アレルギーが関与している場合は、減感作療法と言いアレルゲン(アレルギーの元になっているモノ)に、体を少しずつ慣らす治療法です。

じんましん 関連書籍>>>

関連エントリー

蕁麻疹(じんましん)の原因を突きとめよう!〜症状/ストレス/アレルギーを断つ!Top >  蕁麻疹(じんましん)の症状 >  蕁麻疹(じんましん)の症状−蕁麻疹の合併症(血管神経性浮腫)