蕁麻疹(じんましん)の原因を突きとめよう!〜症状/ストレス/アレルギーを断つ!Top >  蕁麻疹(じんましん)の症状 >  蕁麻疹(じんましん)の症状−色素性蕁麻疹

蕁麻疹(じんましん)の症状−色素性蕁麻疹

じんましん(蕁麻疹)と一口に言っても、色々な種類があります。
中でも今回は、色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)の症状を解説したいと思います。
褐色調の色素斑が出るのが、色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)です。
こすると肌が赤くみみず腫れが出て、かゆみを伴う。

色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)には、幼児型と成人型があり、幼児型の場合、成年までの治療で治癒する場合が多いと言われています。成人型の色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)は、完治が難しく、難治性です。原因は未だに不明とされていますが、虫刺さされアレルギー、薬剤アレルギー、新陳代謝障害が原因だと言う説や、母斑説、腫瘍だという説もあります。色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)の部位には、首、胸、背中、腹で、小さなしこりや褐色斑が多く出ます。その特徴には、急速ににかゆみが発生しみみずばれになります。さらに、リンパ腺の腫れや骨の異常、時には脾臓、肝臓の腫れを引き起こす事もあります。
擦ったりお風呂に入る事で、悪心、嘔吐、呼吸困難、頭痛、けいれん、意識喪失、ショック症状などが出現することもあるので蕁麻疹が出たときには注意が必要です。

一般的に言われるじんましん(蕁麻疹)と異なるのは、色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)の場合、いつも決まった場所に発症する事です。症状にも人によって様々で、数個の人もいれば、数多に出る人もいます。
診断には皮膚を一部切除して病理検査をする(生検)が必要で、治療自体は、一般的なじんましんと変わりなく、皮膚科で診断を受けて、速やかに治療を受け、じんましん(蕁麻疹)を治すことが大切です。


蕁麻疹 に効く薬

関連エントリー

蕁麻疹(じんましん)の原因を突きとめよう!〜症状/ストレス/アレルギーを断つ!Top >  蕁麻疹(じんましん)の症状 >  蕁麻疹(じんましん)の症状−色素性蕁麻疹